忍者ブログ

食べられクリスマス小話

時系列無視のお話です。
本編で冬頃にこんなことがあるのかどうかはわかりません。







「隊長さん、メリークリスマス!」

 ババーンと扉を開けて、ジャジャーンと登場した私は、ドドーンと言い放った。
 ちなみにエルミアさんに借りた赤い帽子をかぶって、やっつけサンタコスだったりします。
 隊長さんはもちろん、困惑顔。ですよねー。

「めりいくるすます?」
「やだ、隊長さんかわいい」
「……」

 あ、隊長さん怖い顔になっちゃった。
 ついつい本音をこぼしちゃったけど、かわいいとか言っても男の人はうれしくないよね。

「すみませんってば、そんな顔しないでください!」
「それで、めりい……というものはなんなんだ」
「十二月二十五日はクリスマスなんです! クリスマスっていうのは……えっと……神様の、誕生日、みたいな?」
「降誕祭か」
「なんかそんな感じです! 私の住んでた国では、ただのお祭り事って感じでしたけど。恋人とラブラブする日なんですよ!」
「……ラブラブ」

 私の言葉に、隊長さんは噛み切れないものを口に含んでいるような顔をした。

「ラブラブです。しましょう!」

 私は笑顔で押しきる。押せ押せゴーゴーなのです!
 だってクリスマスだもん。クリスマスは恋人と過ごすものだよね。せっかくぼっちじゃないんだから!
 こっちの世界にはクリスマスなんてないことは、今は気にしないことにする。

「……あまりいつもと変わらない気がするがな」

 隊長さんはため息をついてそう言った。
 それは、了承と取りますからね!

「とびきり甘いクリスマスにしましょう!」

 まずは、プレゼントはわ・た・し♪ から始めないとかな。







 やっつけ小話ですすみません。直書きとか初めてです(笑)
 メリークリスマス! 塩ラーメン食べてます!


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード