忍者ブログ

食べられ小話、詰め合わせ

 ツイッターの診断メーカーさんの結果で書いたお話を加筆修正したものです。
 もうちょっと数が増えたら、第二部連載始める前に、閑話として投稿予定です。
 続きを読むからどうぞ~。






・『「おいで」と相手に向かって手を伸ばしている』『サクラとグレイス』を描きor書きましょう。


 みなさんおはようございます。
 今日も気持ちのいい朝です。
 まあそれ以上の気持ちのよさを私は昨夜経験ずみなわけですが。健全じゃない内容なので詳細は割愛します。

 当然というかなんというか、私は現在隊長さんの寝室にいます。
 まどろみが気持ちよくて、ごろごろとしていたんですが、そろそろ起きて支度しないと、朝ご飯を食べる時間がなくなってしまいます。シャワーも軽く浴びたいしね。
 隊長さんはとっくの昔に起きていて、すでに着替えも終わっています。
 今はベッドの脇の書机にて何やら手帳を確認中です。
 ベッドから降りようとした私は、重大な事実に気づきました。
 ……腰が抜けております。

「隊長さん隊長さん」

 困った私は、隊長さんに呼びかけた。
 こちらに目を向けた隊長さんに、おいでおいで、と私は手招きする。
 隊長さんは眉をひそめながらも、立ち上がって私の目の前まで来てくれる。

「だっこ」

 甘えた声で、隊長さんに向けて手を伸ばしながら言う。
 隊長さんは苦笑してから私を抱き上げた。
 紳士な隊長さんは、ちゃんとシーツで私をくるんでくれました。

「風呂か?」
「はい、お願いします」

 行き先を確認する隊長さんに、私はうなずいた。
 隊長さんは重さを感じさせずに移動して、私をお姫さま抱っこしたまま、器用に浴室に続く扉を開く。
 そうして隊長さんは、お風呂場まで数歩も歩く必要のない場所に私を下ろす。
 うん、あとはもう大丈夫。

「隊長さん隊長さん」

 ちょいちょい、と隊長さんの袖を引く。
 屈んだ隊長さんの頬に、私はちゅっとキスをする。

「運んでくれたお礼です」

 へへ、と笑いながら私は言った。


 甘えさせてくれたお礼、でもあるかな。







・サクラとグレイスさんにオススメのキス題。シチュ:自室、表情:「お任せ」、ポイント:「壁に押し付ける」、「自分からしようと思ったら奪われた」です。


「隊長さん、キスがしたいです!」
「……そうか」

 私の力のこもった主張に、隊長さんは眉間のしわを深くした。
 というかたぶん、今の体勢に何か言いたいことがあるんだろう。
 壁ドンです、壁ドン。
 私が、隊長さんを、壁に押しつけてます。
 ツッコミは不可です。壁ドンしたい気分だったんです。
 ここは隊長さんの私室だし、誰かが見ているわけでもないし、別にいいよね!

「私からするので、動かないでくださいね」

 隊長さんはため息をついてから、あきらめたようにうなずいた。
 では、いざ!
 隊長さんの唇めがけ、背伸びをする。が、背の高い隊長さんの唇へはまだ遠い。
 ん? 嫌な予感がする。
 つま先立ちをして限界まで身体を伸ばす。

 ……背が! 足りなかった!!

 がっくりと肩を落とした私とは対照的に、隊長さんはぷっと噴き出した。
 ひどいです隊長さん! 何がおもしろいんですか!
 抗議の気持ちを込めて睨めば、隊長さんは「悪い」と全然悪いなんて思ってなさそうに言った。
 むう、どうしてくれよう、このやるせなさ。

「サクラ」

 隊長さんが、私の名前を呼ぶ。
 それだけで私の機嫌は上昇していく。
 微笑を浮かべた隊長さんの顔が、近づいてくる。私は期待をこめて目を閉じる。
 ちゅ、と小さな音を立てて、唇に甘いキスが与えられた。
 ふくれっ面を維持できずに、へにゃりと頬がゆるむ。

「しょうがないので、今はこれで我慢します」

 腰に手を当てて、私は偉そうにそう言った。
 本当は、私からしたかったけど。


 それは夜のお楽しみということにしておきましょうか。







・サクラと隊長へのお題は『「泣きそうになりながら、手のひらに触れる」キーワードは「意地っぱり」』です。


 夕食を食べ終わり、ソファーに並んで座って、大して中身のないサクラの話に耳をかたむける。

「で、エルミアさんにはお兄ちゃんがいるらしいんですけど、女ったらしなんだそうです」
「……ああ、それは否定できない」

 ガネットの兄を脳裏に思い描きながら、相づちだけでなく言葉を返した。
 よく言えば、女性に優しい気遣い上手な男だろう。
 女性関係で問題を起こしたこともないし、うまくやっているようだ。
 が、女好きなのは確かで、女ったらしというのも間違ってはいないと思えた。

「隊長さんも知ってるんですか?」
「隊員のことだ、当然だろう」
「そういえばそうですね」

 バツの悪さをへらりと笑ってサクラはごまかす。

「兄に会ったら気をつけて、って言われちゃいましたよ」

 ガネットは兄のことを信用していないらしい。
 気をつけろ、は俺こそ言いたい台詞だ。
 もちろんガネットの兄が何かすると思っているわけではないが。
 言葉に迷っていると、サクラがいきなりぷっと噴き出した。
 視線で問うと、気にしないで、と言うようにサクラは手を横に振った。

「ちょっと、思い出し笑いです」

 そう言った彼女の笑顔は、すぐに歪んだ。
 サクラは泣きそうになりながら、俺の手のひらに触れてくる。
 指で筋をゆっくりとなぞっていく。
 その行為自体には、意味などないのだろう。
 何を思い出して笑ったのか。おおよそは想像がつく。
 俺の、男の手に触れて。俺ではない男に思いをはせている。
 それが家族だったとしても、少しだけ嫉妬してしまいそうになった。

「へへ、隊長さんの手、おっきい」

 わざとらしい言葉。わざとらしい笑顔。
 ちゃんと笑えていないことに、サクラは気づいているのだろうか。
 そんな顔をするくせに、涙を見せることはない。
 意地っぱりなのか、甘え下手なのか。
 どちらにしろ俺にとってうれしくはないことだ。

 今はまだ、気づかないふりをする。
 きっと、そうしてほしいのだろうから。
 サクラの抱えている悲しみ、寂しさ、憤り。
 何も考えていなさそうな笑顔の裏に隠した、本心。


 いつかすべて話してくれる日を、今はただ、待つしかなかった。







・『髪に花を飾ってあげる』『サクラとグレイス』を描きor書きましょう。


 昼休憩、出入口にほど近い廊下でサクラを見つけた。
 呼びかける前に向こうも俺に気づき、笑顔で駆け寄ってきた。

「隊長さん隊長さん、屈んでください!」

 目の前までやってきたサクラは、ウキウキといった様子でそう言った。
 いきなりなんだ、とは思ったが、拒む理由も特になかったのでおとなしく屈む。
 サクラは俺の肩に手を置いて背伸びをすると、俺の耳の上に何かを挿し込んだ。
 触れて確認してみると、どうやら野の花のようだった。

「外に咲いてたお花です! 隊長さん似合ってますよ!」

 にっこり、とサクラは笑う。
 それこそ、花のように。
 その言葉と表情に、俺は脱力した。

「似合っているわけがないだろう……」

 思わずため息がこぼれた。
 自分のような厳つい男に、可憐な花が似合うわけがない。
 いったいサクラの感性はどうなっているのか。
 サクラが変わっているのは充分わかっていた気でいたが、まだまだだったのかもしれない。

「花が似合うのは、お前のほうだろう」

 俺はそう言って、自分の頭から花を取り、サクラの髪に挿し込んでみせる。
 白い小花は、少女然としたサクラによく似合った。
 俺の頭にあるよりは、花もうれしいだろう。

「……隊長さん、それ、天然ですか?」

 かすかに頬を赤らめたサクラが、そう聞いてくる。
 遅れて、自分がいったい何を言ったのか、何をしたのかということに気がついた。
 照れが、伝染する。


 熱を逃がすように、俺は再度ため息をついた。






可愛いカップル描いちゃったー
キスお題ったー
手と手の触れ合うお題ったー


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード